Macの画像ファイルを一括で名前と連番をつける方法

Automator Apple

 

短く、分かりやすく。

 

スクショを連続で撮ったときに日付とかで表示されても困ると感じるモストラです。

分とか秒での違いは嬉しい時もなくはないんだけど、見辛さが勝る!

2つ3つくらいならパパパッとやろうと思うけど、何十枚もあったら絶対無理。

やったとしても途中で諦める(笑)

ということがわかっているので、もっと楽な方法があるのでそちらを紹介します!

 

プレインストールされているAutomator

結構便利なアプリケーションなんだけど、使い方がわからないと触らないだろうというアプリです。Automatorではまとめて同じ処理を行ったり自動化できるというアプリケーションです。

自分でスクリプトを組めるならフォルダアクションという、ファイルに追加するだけでファイルに設定した処理を実行させるというもの。

そこまでするには色々と知識がいるので、簡単なものを紹介したいと思います。

 

複数のファイルを扱うことが多い人に!

ファイルの名前をまとめて連番で表示させることができるからAutomatorは手放せません。

最近はスクリーンショットをブログのために多く撮るので、リネイムがめんどくさいからデフォルトのままの状態にしていることが多い。

でも、管理するとなると本当に見づらいからできる限り名前を変えておくことにしています。

また写真を取ることも多いので、パソコンで管理するときにファイル名とは別に、写真の名前も変えて管理するのにすごく重宝するのでオススメですよ!

 

ファイル名変更と連番

Automatorを開くと初めにワークフローやアプリケーションなどを選択する画面があるので、デフォルトで選択されているワークフローのまま「選択ボタン」を押します。

Automatoreの最初の画面

すると以下のようにライブラリからいろんなものがでているのがわかると思います。

色々とできることがあるんですが、今回は複数のファイルの名前変更と連番付けなので「Finder項目の名前を変更」を選びます。

右側の中央に「ワークフローを作成するには、ここにアクションまたはファイルをドラッグしてください」という指示があるので、先ほど選択したものを右のスペースにドラッグ&ドロップしてください。

連番のファイル名に変更 その1

すると、下のスクリーンショットのようにウィンドウが開くので、その中の項目を少し変更していきます。

連番のファイル名に変更 その2

まずは左上の項目をクリックして「日付または時刻を追加」から「連番付きの名前にする」へ変更します。
連番のファイル名に変更 その3

 

変更ができたら設定する内容が変わるので、必要な部分を変えていきます。

連番のファイル名に変更 その4

 

まずは全てのファイルの新しい名前です。新しい名前を変更すると同時に左下に出てくる「例」も変わってくれるので表示がどうなるのかがわかりやすいと思います。私やり方だと、番号は3桁にして、ファイル名と連番の間の区切りはアンダースコアにしています。

 

連番のファイル名に変更 その5

 

ファイル名の設定はこれで終わりなので、次に実際に名前を変更させるファイルを選択します。

 

名前を変える複数のファイルを選択

 

ここで注意なのですが、先ほど作ったファイル名の設定ウィンドウの下ではなく、上のところに持ってくるようにドラッグ&ドロップしてください。

名前を変えるファイルを取り込む

これで準備完了です。あとは右上にある「実行ボタン」を押すだけで一瞬にしてリネイムされます。

 

Automatoreで連番ファイル完成

 

スクリーンショットやスキャンした資料が大量に出てくるときにかなり便利に使うことができるので、覚えていて損はない機能です。

長いファイル名になると中間部分が省かれて結局わかりづらいなんてことにもなるし、管理するならわかりやすく管理したいですよね。

そんなときに利用してみてください。

 

 

まとめ

いちいち一つづつ名前を設定していくのはものすごく辛い作業なので、本当に一瞬でできてしまうAutomatoreを最初に使った時は感動すら覚えた。

コピペしたら楽だよということを言う人もいるだろうけど、それが何百って数になったらどうだろうか。絶対に拒否反応を示してやる気を一瞬に削いでいく量ですよね。

そんな時でも1秒もかからないスピードでまとめて変更してくれるから、ホント大好き(笑)

コメント