エックスサーバーでブログを始めた2つの決め手

サーバーの保管所 ブログ

 

もっと安いサーバーも結構あるよね!

 




http://www.xserver.ne.jp/

どうもどうも、サーバー選ぶのに2週間ほど悩んで選んだモストラです。
実際に選んで使って不満がないどころか、選んだ時よりも格段に環境が良くなってるので、大満足です。

 

サーバー選びのチェックポイント

個人の人が無料ブログではなく、有料のサービスを利用するということはしっかりとした目的があるんだと思います。私のように見切り発車でやってみる!という人も少なからずいるだろうけど(笑)

まずサーバーを選ぶ基準は人によって変わるということ。でも初心者だと基準ってなんなのかさえわからないですよね。私もそうでした!ということで、簡単に見るポイントをまとめてみました。

 

  • 利用料金
  • 利用できる容量
  • 無料お試し
  • サーバーの独自サービス
  • 転送量
  • 共有サーバー / 専用サーバー
  • 国内サーバー / 海外サーバー

 

専用サーバーや海外サーバーを選ぼうという人は完全に初心者ではないですね(笑)
確実に目的があって選択されるので、まずやってみよう!という方は選択肢に入れなくてもいいです。

必要があれば途中でサーバーを引越しすることもできるので、神経質になる必要はありません。

 

利用料金

利用料金はそれぞれ基準のようなものができてくると思います。が、安ければいいというだけの基準はやめといたほうがいいです。

ブログなどは続けるのが難しいと言われていますが、初めから続けるかどうかわからないからという判断で安いものをというのであれば続けることが難しくなるポイントでもあります。

ある程度成長を見越して考えるのがいろんな意味で得策。

初めはほとんど見てもらえないというのもブログのあるあるです。

引っ越しの手間や自分で細かく管理して見たいというのであれば、初期費用を考慮した上で利用金額を決めるのは選択としてはありかもしれません。

 

利用できる容量

容量はそれほど気にする必要がなさそうなほど山盛りなところが多いです。私の場合だと毎日記事を書いて1ヶ月で60MBくらい使っているので、1GB使うのに17ヶ月かかります。

また、少ない容量のプランであっても途中で料金は同じで容量だけ増えるというアップデートが行われることもごくごく稀ではあるけど実際にあったのでサーバーの引越しも視野に入れているなら気にするところではないと思います。

 

無料お試し

2週間くらいのお試し期間を設けているところがほとんどですね。実際に2週間で何がわかるかというと、初心者にわかることがあるのかとこっちが疑問符を投げたい!

純粋にサーバーの勉強のためという人を除いて、利用を目的にしている場合、この2週間無料お試しというのは初心者の人からすればお試しではなく、ただの無料期間だと考えるほうがいいです。

契約は月単位なので無料期間が切れる2週間前に申し込むと無駄なく利用することができます。

サーバーの引越しをするとなった時に、一時的にサーバーを試して見るということには、この2週間お試し期間というのはありがたく感じるのかもしれません。

 

サーバーの独自サービス

無料のSSLやHTTP/2、無料バックアップサービスといったものが独自サービスになります。それぞれのサーバーで利用できるものが異なるのでここはしっかりとチェックしたほうがいいポイントです。

先々はどのサービスも一般化されそうなものですが、今は変換期で色々と細かいところで変わってきています。

有料オプションで利用できるところもあれば、そもそも対応していないということろもあるので、契約する前に必ずチェックしたいところです。

 

転送量

サーバーがアクセスしてくれた人に対して情報を渡す時にデータを送る時の上限です。
例えば、1ページ1MBのページがあったとして、転送量が10GB/日だったら10,240人が見れるということになります。

それを超えてしまったら追加料金というシステムはほとんどなくなっていますが、サーバーから警告を受けることになります。

その時は引越しをするか、転送量の多いプランに変更するかを選ばないといけなくなります。

必要な転送量は、自分のサイトをそれくらいの人が見にきてくれるサイトにしたいかというのも一つの基準として持つのもいいと思います。

 

共有サーバー / 専用サーバー

激安のサーバーから比較的安いサーバーは共有サーバーという認識でいいでしょう。

個人で使うものは共有サーバーが多いですね。専用サーバーだと月々の利用料金が跳ね上がるので、共有サーバーでは利用できないものや自分で完全にコントロールしたいなどの目的がある人が利用するものです。

なので、初めは気にせずに共有サーバーから選ぶのがいいでしょう。月額100円ほどから1,000円までのものが主流です。

 

国内サーバー / 海外サーバー

こちらも共有か専用かというところと同様に初心者であれば国内サーバーを利用するほうがいいと思います。

英語ができて海外のサーバーを使って見たいというのであれば、それもいいでしょう。

海外サーバーは国内サーバーとは制限のされ方も違うので、比較的安いというメリットもありますが、初心者がいきなり海外サーバーを利用するメリットはそれほどないような気もします。

 

決め手はなんだったのか

私がエックスサーバーに決めたのはいろいろあるのですが、別のサーバーにしようかなという時にフルSSD化したという情報が入ってきたので、その瞬間決まりました!

金額的には倍近くなってしまったけど、予算内ではあったのですんなり決まりました。

サーバーを二つに絞っていた時の基準は「無料のSSLが利用できるか」と「転送量が充実しているか」です。その時だけを見るとこだわる必要はなさそうだけど、先を見ると絶対に必要だなーと感じていたので、その2点に絞って見ていました

。2017年10月からGoogleChromeで大きなアップデートが来て、SSL化していなければ「安全ではない」という意味の表示がされるということが無料でSSL化できるところを探していた理由です。

転送量は将来的にエラー表示を出さないために気にしていました。

HTTP/2を利用できるサーバーは限られていたのであまり意識していなかったですが、今は意識して選びたいポイントですね!

 

今のエックスサーバーは無料SSLもHTTP/2、さらにはフルSSDなので高速で利用できます。
オプションではなく全ての利用者に対して付いているサービスなのでかなりオススメです。

今後も続々機能追加が期待できるので、入っていて損はしないはずです。



まとめ

安さだけを見ると月々99円というサービスもあって、それはそれで面白そうではあるんですけどね。

今のブログが軌道に乗って落ち着いたらそういうサービスも利用して紹介していければなと思っています。

実際に自分でサーバーを選ぶ時にいろんなサイトを参考にさせてもらったけど、いわば未知のものを利用するわけだからよく分からない(笑)

それでも諦めずに色々見ていくとなんとなくイメージできるようになります。
そこで諦めるようならブログも続かないだろうから、良い洗礼になるのかもしれないけどね。

エックスサーバーでは今必要だなと思うサービスはオプション無しで全て組み込まれているのですごくお勧めできるサーバーです。最近HTTP/2も導入されてさらにパワーアップしています。

この先も利用者全員に対して同じサービスが追加されていくこともあると思うので、損するという事態にはならないでしょう。

コメント