エックスサーバーで常時SSL化する方法

鎖とダイヤル式の鍵 SSL/TLS

常時SSL化の一連の流れです。

 

 

エックスサーバーでは無料の独自SSLが用意されていて、サーバー契約者であればいつでも自分のサイトをSSLを適応させることができます。これまでも何度かSSLについての記事を書いていたのですが、肝心の方法が抜けていたのでここにまとめておきますね!

方法といっても難しいことをするわけではないです。が、ワンクリックとまではいかないので多少面倒なところも出て来るんですが、できるだけわかりやすく解説していきます。
Http/2も対応したので、サーバー契約者であればやらないと損でしょう!

 

サーバーパネルでのSSL設定

まずはサーバーパネルの画面から、ドメインのところにあるSSL設定をクリック。

SSL化の手順1

 

設定したいサイトのドメイン名を選んで「選択する」をクリック。

SSL化の手順2

 

次に出てきた画面で「独自SSL設定の追加」というタブをクリックして、サイトの項目のURLを確認してから「独自SSL設定を追加する(確定)」ボタンをクリックする。

SSL化の手順3

チェックボックスの「CSR情報を入力する」とあるけど、個人でやっている場合などは設定しなくても問題ないし、設定するにしてもデフォルトのままで大丈夫。ちなみにチェックボックスをクリックするとこんな画面になる。

 

SSL化の手順4

気にせずに確定ボタンを押しましょう。

これで独自SSLの設定が行われました。

 

SSL化の手順5

 

常時SSL化のために.htaccessの追記

SLL設定のところでSSLの設定はできたのですが、常時SSL化するにはもう少しやらないといけないことがあるので、頑張って!

.htaccessですが、ページスピードの高速化させる時やアクセス制御などができるので、いじるのに興味がある人は使ったことがあるものだと思います。常時SSL化させるのも.htaccessに追記することで可能になるので、コピペでもいいのでやっておきましょう。

 

早速コードです。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

 

常時SSL化をすることで何が変わるのかですが、「http://」でアクセスしても「:https://」に転送されるのが常時SSL化です。なので「http://」のアドレスでアクセスして見ることで確認ができるので試してみてください。

 

 

CMS(WordPress)で常時SSL化

WordPressを利用しているのでWordPressでの説明になります。
WordPressの設定画面がから「設定」 から「一般」に移動します。

 

ワードプレスのURL変更方法

 

サイトアドレスとワードプレスアドレスの変更を行います。

 

ワードプレスのURL

 

以前わからずに設定をミスしてWordPressの管理画面には入れなくなったことがあるので、間違えないように気をつけましょう。

間違って設定してしまって管理画面に入れなくなった場合はこちらの記事を参考にしてみてください。

 モストラのMostra
モストラのMostra
https://mostora-mostra.com/archives/47

これでやっと常時  SSL化にすることができました。

そして、サーバー環境にもよりますが、この設定をすることでhttp/2が利用できるようになりました!

 

まとめ

SSL化することで信頼性とセキュリティ強化、そしてhttp/2が利用できるようになったことで高速化も実現できるようになりました。このところエックスサーバーが色々と強化されているのでお得感がすごいですね。サーバーの番号によって利用できる時期が変わってしまうのですが、2000以下の場合は「新サーバー簡単移行」という機能を利用することで、早く対応させることができるようになっているようです。

全てのプランに対してサービスを提供してくれているので、本当に嬉しい限りです。

コメント