男が読める大人の恋愛漫画の作家

うさぎドロップ全巻 雑記

宇仁田ゆみという漫画家を知っているかな?

 

どうもどうも、漫画のランキングとかを作ってみたいけど、どこかで見たようなランキングは作りたくないというこだわりから作れずにいるモストラです。

小説のランキングとかも面白いかもしれないなー。

 

宇仁田ゆみの作品

最近では「うさぎドロップ」という漫画がアニメ化されて、その後に映画化、その後に「スキマスキ」映画化されていました。うさぎドロップは見に行きました。そして漫画全巻持ってる!ぜひ男性に読んでもらいたい漫画家さんです。

元々は友達に薦められて読み始めたんだけど、どれだったか忘れてしまった。多分「トリバコハウス」だと思う。

昔から「女心を学ぶために少女漫画を読め」と何度も言われて来て読んだものの、そもそも男女関係なく鈍感だった私にはただの漫画であってバイブルにはならなかった。

宇仁田ゆみの漫画を読み始めたのは、なぜか何人かの「男」から薦められたから。なかなか無い体験だと思う。男が男に女性向けの漫画を薦められる。いや、無いな。。どういう漫画か一切わからないし、なんで女性向け漫画?という疑問しか浮かばなかった。

まぁブログにこのことを書いている時点で私もそっち側の人間なんだけどね(笑)
この宇仁田ゆみの作品を読んでから、男向けとか女向けとかの線引きが全く気にならなくなったように思う。もっと早くに知っていれば色々と幅が広がっていたんだろうな。

 

宇仁田ゆみの世界観

週刊誌をほとんど読まなかったからか、作者に対してそれほど興味を持ってこなかったからか分からないけど、この宇仁田ゆみという人はヤングキングとかIKKIに掲載していた漫画家さんらしい。(といってもその雑誌、私は知らない)

フィールヤングという雑誌がメインなのかな?(やっぱり知らない)読んでみるとテイストは女性漫画という感じだけど、内容はちょうど中間あたり?男目線と女目線をうまく使い分けてる感じがして、リアリティのあるモヤモヤ感を出しているのがとても気に入った!

ゆるい世界観で展開していくよくある話ではあるけど、それほど特徴があるわけでもないキャラ達がしっかりとキャラ立ちしている。独特な世界観で繰り広げられるリアルな日常。スピード感があって、話の展開が破綻しない程度にコロコロ変わっていく大人の恋愛をテーマにした作品が多いです。

ドロドロしやすい展開でも綺麗なタッチのイラストで展開されることで、実際に起こっていることではなく、登場人物の思考の方がピックアップされている、そんな印象を受ける。

 

新刊が出ては店頭で買っていたうさぎドロップ

一番最初に挙げた「うさぎドロップ」は30歳の未婚彼女無しの男が、おじいさんの葬式で出会った幼稚園児の女の子と一緒に暮らすことになるというストーリー。いきなり「うちに来るか?」というセリフから話が展開していき、周りに助けられながらしっかりと育てていく育児漫画です。

正直なところラストの展開は違和感が強かった。賛否両論といった感じでしたが全体のストーリーはしっかりしていたので勿体無さすら感じたけど、そのラストを想像しなかった訳もなかった(笑)

「ダメだ、そっちの路線はダメだろー!」と思いながらラストはさらっと余韻だけを残して終わっていったのは悪くはないんだけどね。この作品のラストは最後まで悩んだのか、それとも初めから決まっていたことだったのかで作品の印象が結構変わりそう。伏線もあるにはあった。確かにあった…。

ギリギリまで迷ったけど、この展開で終わらせましたということにしておいて欲しいと切に願います。

 

気になった方はぜひ読んで見てください。

 

コメント