アドセンスやSEOで基準となる1000文字について考える

文字が印刷された紙とペン 雑記

ブログの文字数について考えてみた。

どうもどうも、SEOと文字数の関係を見て、量は正義なのか…と疑問を持ちながら書けるならいっぱい書きたい!と書くことに楽しみを少し見出しているモストラです。

 

ブログはSEOやアドセンスとかで文字数は最低でも1000文字以上書けという言葉をよく見かけるけど、1000文字って意外とボリュームがない。

 

1,000字の記事の印象

言いたいことがはっきりしていて、ただそれを言いたいだけというなら1,000字で書くことは全然できるけど、読むという立場になった時、なんだかスカスカな印象になることがよくある。

内容によるということは重々承知だけど、その割合が大きい。

調べ物をしているときは欲張ってしまうのか、自分の知りたいことがピンポイントで書かれていないと目的が達成できないので余計に感じる。

細かく説明しようとしたら1,000字では全然足らなくなるし、抜け漏れをなくすためには1,000字で書けるものは単純な説明のものになってしまう。

だから、1,000字という目標は文字を書くことに慣れていない人に対しての方便のようなものなのかなと思っています。

 

スカスカな印象を与えない文字数

所狭しとシールが貼られた看板

 

じゃーどれくらいがいいのかというと、適度なボリュームで、満足できる文字数は2,000字がベスト。

勉強のためにいろんな人のブログを見に行くけど、これくらいのボリュームがちょうど良いと感じたのが2,000字前後のものが多かった。

内容が良かったのもあるんだろうけど、文字数の基準としてはこれくらいが良い。

初心者をターゲットにした場合は説明する対象についての使い方から始まることも多いので、文字数が多くなることが考えられます。

想定する読者の理解度に合わせて書くことで、記事の文字数が増えたり減ったりすることもあり、細かく説明をすると自然と文字数が増えていく。

そうするとクドくなることがあるのでできる限り簡潔に説明したいところです。

 

SEOでは字数が多いものがランキングの上位を占めている

言うまでもなく現時点では記事の文字数はSEOに強いということができます。

ただ、字数を稼いでるだけの記事も結構あったりするので、何かしらの対応はありそうです。

いらない文をどんどん削って中身を濃くするのが良いとわかっていても難しいところなので、ある程度かけるようになったら次は削っていく作業に入ると良いかもしれません。

SEOを考えた場合、少なくとも3,000字から5,000字の記事にすることが効果的ですが、文字数が増えれば増えるほど難易度も上がってくるので、3,000字を目安に書いていくのが良い。

 

自分なりの基準

山頂を目指すベクター画像

 

今何となく持っている基準は1,500字。

記事を書く時に意識せずに書ける文字がこれくらいだというだけですが、多少は書くことに慣れてきた。

あとは、味のある文章が書ければ…と思うけど、その前に文章をちゃんと書けるようにならないと!

文字数は記事の目的によって変わるものだし、こうでなければならないというものではない。

Googleアドセンスでも理解したことだけど、1,000字以上の記事ってのは目安としてよく言われているというだけで、600~800字の記事が含まれていても通ったのだから必ず守らなければならないわけではない。

何かを紹介したいとき、事実だけを伝えたいとき、無駄な感想を排除したいときにはシンプルで分かりやすいものにできるから、そういう場合は文字数を意識する必要はない。

ただ、ブログを書き始めてから目標として基準を持っておいた方が良いなと感じるようになった。

何字以上書かないとと思うより、何字以上は書きたいという目標設定をする方が、自分の成長とかもついでに感じられるだろうからね。

 

まとめ

文字数を意識しすぎて稼ぎ始めたら意味がないですよね。

目的化はダメですが、基準は持っておくと文章の構成とかに役立ちそう。基準にする文字数はおおよその目標であって、結局は何を書くかだからそこまで意識する必要はない。

練習を兼ねているならクリアしておきたい目標ではあるけど、余談で話がぶれてまでやることではないからわざわざ増やすのはやめておこう。

自然と目標の文字数がクリアできるようになれるように、まずは勉強しながら数をこなす!

コメント