MacBook Pro 2017で遭遇した不具合

キーボードのバックライト Apple

おいおいちょっと待ってくれよ、My MacBook Pro!

十字キーの下ボタンが反応しない!!

どうもどうも、いきなり修理に出さないといけないのかと焦っていたモストラです。

いきなりキーが効かないってのはビビります。十字キーだったから他の方法があったんだけど、母音とかだったら軽く詰んでますよね。

 

今のところ、修理に出さないと解決しなさそうなトラブルは出ていませんが、誤作動が所々でています。OSのアップデートで対応するものだとは思うのですが、念のため報告しておきます。

では先ほどの続きから!

 

キーが押せない症状

十字キーが反応しないというよりも、押せないという事態に直面しました。

2016では多く起こった現象のようで情報は豊富にあるのですが、2017での報告がないのが少し不安を感じます。

 

2017年モデルでは2016年モデルと同様のバタフライ構造をしているのですが、さらに改良されています。タイプするときの音の改善を狙っただけなのか、今回の症状は2016でも同じことが報告されてたので、このトラブルは改善されたわけではなさそう。

全く押せる気配がなく固定されているかのような沈む気配すらない。

2016年モデルではキーが押せない症状で、購入後1ヶ月以内に起こったものに対しては交換を行なっていて、1ヶ月以降は修理対応だったようです。

私のMacBookProもまだ1ヶ月以内なので自分でできることをやってもどうにもならなければ急いで連絡しようと思っていましたが、すんなりと解決してしまいました。

2016年モデルと同じことで解決ができるだろうと用意したのが、

 

エアダスター!

エアブラスターって無駄にシュッシュしたくなるのは私だけでしょうか。
なんかめっちゃ楽しい!

 

小さな隙間にゴミが入ることで、キーが押せないということが起こるようです。

部屋片付けろよーと言われそうですね。

でもこの現象が起こったのは持ち出していた時なので部屋は関係ないはず!

それでも定期的に掃除はしないとですねー。

 

エアダスターをシュッとワンプッシュしただけで元どおりになりました!

一体何が挟まったのか、取り出せないのが嫌な感じです。はぁ分解したい。

 

MacBook Pro2017の原因不明な症状

  1. 急なスリープ
  2. 急にボリュームが0になる
  3. モニターの彩度が一気に下がる

 

症状が出ることは頻繁ではないにしろ、原因がわからないので気持ち悪い。

Touch barで音量や彩度をいじるときは表示が変わるのですが、それもなかったのでTouch barを間違って押してしまってるわけじゃなさそう。

Touch Barの故障って修理代が高そうなので、可能なら初期不良で済ませたい。

「こういう操作をしたら、このような症状が出る」ということがわかれば説明しやすいんですが、いつ症状が出るのかわからない不具合だからそれはそれで困るんですよね。

この不具合の改善を行なっても、それが治ったかどうかを時間をかけて確認しないといけないから購入後1ヶ月以内であればアップルサポートに連絡して修理に出すか近くのGenius Barに直接持って行って確認してもらうのが良いかもしれません。

 

修理に出して別の問題も見つかったという場合もあるので、修理に出して損はなさそうですよ。

私の場合は、自分でできるメンテナンスを全て行なってからアップルサポートに連絡しました。

メンテナンスを行なっても症状が出るようなら1度確認するから送ってもらうか、近くのGenius Barに持って行ってくださいと言われていたので、2,3日様子を見ることにしました。

 

MacBookProのメンテナンス

MacBookPro2016Lateから起動音が鳴らない仕様になっているので、起動音を頼りにメンテを行なっていたところもあるのでわかりづらい。

メンテを行なっている時にわかった起動音以外の目安になる部分を細かく紹介しているので、Late2016以降のMacBookProを利用している人はチェックしてみてください。

このメンテナンスはを行うことで今まで出ていた不具合は改善されました。

詳しくはこちらで

 

新しい不具合 追記

MacBookPro2017を使い始めて3ヶ月。不具合報告の記事を読んでくれる人が多くなってきたので、購入に踏み切れない人のために記事を書いている時に画面のチラつきが出てしまった。画面下1/4のところで3cmほどのものが0.5秒くらいだったけど出てきた。その後同じようなチラつきは出てきていないけど、少し様子見。

 

症状が出てから2週間経過しましたが、画面のチラつきが出てから再度メンテを行うことで同じ症状は出ていません。

 

新しく症状が出てきた時にはここに追加していきたいと思います。


もしもの時のために初めからMacに入っているTime Machineで定期的にバックアップをとっておくことをオススメします!

 

 

コメント