MacBook Pro 2017(念願の)開封の儀

MacBook Proの箱 真上から Apple

 

このためだけに買ったといったら過言だ!

どうもどうも、かなり使い倒すつもりで購入したモストラです。

 

 

1度やってみたいなーと常々思っていたのだけど、実際やるとなると結構大変なんですね。

 

何はともあれ届いたMacBook Pro2017のお披露目です!

いやー、やっぱりワクワクしますね。

数日経てば扱いも多少雑になってくるのは分かっているけど、ファーストタッチは慎重になるぜ。

 

 

WWDCに発表されてすぐに発売されたから6月6日からかな?

それから約2ヶ月後です。

 

2016が色々と問題になっていたこともあって、情報が出てくるのを待っていたのですが、欲求の方が強かった。待ってても情報が出て来そうな感じもなく、MacBook Proを買ったという報告に嫌気がさしての決断でした。

さっさと開けろよ、という声が聞こえて来そうなので、よし、オープン!

 

MacBookPro開封

 

これがスペースグレイですよ!え?2016で見たって?

私もですよー!

 

 

リンゴマークが鏡になったので、もう光りません。

そこは少し残念ですが、タッチバーで消費する分減らさないとねー。

 

MacBookProの下に収められているもの

 

すごくシンプル!

いつも通り、説明書は一切触りませんが、入っているのはアダプターとType-Cのコード。

 

これからも、また一つ、また一つ何かがなくなっていくんでしょうね。

Type-Cすらなくなるかも。。

 

MBP本体横からの画像

 

イヤホンジャックが付いているので右側のポートですね。

スッキリしていて寂しさもありますが、ごちゃごちゃしないのは嬉しい。

 

ただ、今まで使っていたものを使うのが少し大変。

そもそもType-Cに対応してるものって、スマホしかない。。

 

まぁそういうのは後から考えるとして、

さっさと脱がしちゃいますか! ぐへへ

 

MacBookProに巻かれたカバー

 

必要かなと思って撮ってはみたけど、どうなんだろうか。

外のカバーのシールは最初のうちは貼ったまま使いたいという要望もあるかもですが、剥がさないと開かないという状態なので却下されます。どんどん脱がしましょう!

 

開封後のMacBookPro

 

リンゴマークが鏡になってしまったのがよく分かる!

やっぱり光って欲しいという気持ちは拭い去れないです。

夜に暗い中、リンゴマークだけが光っているという状態を何度か見ているからかな。

なんか、それだけで頑張ろうって気持ちになったことがあったから、光って欲しい!

 

反射させるか…。

 

MacBookProのモニター保護シート

 

そうそう、このペラペラの薄い紙。

静電気で張り付いてるだけなんじゃないの?という感じの紙。

 

奥の画面では初期設定画面。

クリーンインストールをよくやっていた私にとってお馴染みの画面。

もうSSDの換装とかできなくなると考えると …分解したい気持ちになってくる。。

 

 

そんなことよりタッチバーですよ!

 

新しいTouchBar

 

んー、なにも表示されてない。

escキーは物理キーの方がいいんじゃないかなとブツブツ言いながら触れてみると

 

液晶表示されたTouchBar

 

オォー!なんかよくわからないけど、嬉しい!

展示されているものを何度か触ってはいたけど、やっぱり自分のものとなると全然違うね!

これからどういう使い道を考えているのかとか色々突っ込んで見たい気持ちでいっぱいですが、今は純粋に期待だけして待ってます。面白いことが色々できるようになってブログに書けるものが増えることを一番期待してます!

 

あ、モニターの紙を剥がした後の写真を忘れた。。

思いつきで10年前に発売されたMacBook2007と比較してる写真を撮ってたら忘れてしまってました。

また後日、その記事書いてみますね!

 

 

今回頼んだMacBook Proは

2017の13.3インチのスペースグレイです。

MPXW2J/Aなので512GBのタッチバー付き!

15.4インチにしなかったのは大人の事情ですっ!

 

タッチバーは要らないという意見が多そうですが、Appleがわざわざ取り入れた機能を簡単に手放すことはないだろうし、ただ付けましたってだけで終わることはないはず。まだ見ぬ機能と使い方ができるようになるまで、ほとんど放置になるかもしれないけど。

 

 

まとめ

 

初めての開封の儀。文字だけでやってみるとなかなか難しいということが分かった。

写真を撮るのは好きだからいいんだけど、必要な写真を撮り忘れたり、必要じゃないものに固執したりする。

まだまだ文章を書くこととか、まとめることに慣れていないので仕方がない部分はあるにせよ、もっとわかりやすく伝わりやすい構成を考えながら作っていけるようになれればいいなと強く思った。

 

なんて反省会みたいなことは、置いておいて。

やっぱりMacはいいね!

 

純粋に使いやすいというのもあるけど、所有する嬉しさってのがあるね。

タッチバーはこれから期待できるのかどうなのかよくわからないけど、MicrosoftもGoogleも徐々に対応していってくれているので期待は高まるところです。が、タッチバーのアプリってまだそんなに増えてる印象がないのが心配なところ。
これからどんどん情報を集めて紹介していきたいと思っているのに、まだまだ先になってしまうのかな。

 

コメント