1番オレオしているのはどれなのか!

オレオのアイキャッチ レビュー

 

オレオは無くなったんだと思ってたら、違うということに最近気がついた!

 

 

ヤマザキナビスコのライセンス契約が切れたというニュースを目にして「ふ〜ん」程度に考えていたんだけど、最近ちらっと目に入ったことで「オレオまだ売ってるんだ!」と思って買って食べてみたらオレオってこんなんだっけ…?という感じになった。

 

 

オレオの思い出の味

オレオっていえばクッキー生地がほろ苦くてほんのり甘い濃厚な味で、クリームの甘さとバランスの良い感じだったと思う。なんとなく美化されてる感じもあるけど、なんかそんな記憶が強く残ってた。

ということで、オレオとそれっぽいものを集めてどれが記憶の中のオレオに近いのか確かめてみました!

ネット上ではもともとオレオのライセンス契約をしていたヤマザキナビスコの新商品であるノアールこそがオレオだという意見もちらほらあったので期待してます。

 

 

オレオ比較 どれがオレオしているのか

オレオの類似商品

 

探してみると近所で売られていたオレオっぽい商品これだけだった。

 

まずは分解できるらしいので分解して個別に味見してみることにします!
こんな食べ方をしたことないけど…

 

サンドクッキーの分解

 

 

ナビスコのオレオ

オレオは今中国で作られていて、味が変わったという意見が多くなっているのがすごく興味ある話だったけど、自分で食べてみて確かに記憶にあるオレオとは違った味になっている感じがする。と言ってもマズイということではなく、オレオというかクリームをサンドしたクッキーという感じで、食べたらオレオだと分かるというほどオレオしてない。

それでもやっぱりオレオはオレオなだけあって、全く別物になってしまったってほどの違いがあるわけでもない。ただ、ほろ苦く鼻の奥深くに残るなんともいえない濃厚なほろ苦さと甘さのバランスは感じられなくなっていたのが残念。

不味いと言う評価をよくみるけど、決して不味いわけじゃ無いと思う。ただ、以前のオレオの味じゃ無い。ただそれだけなんだと思う。

 

 

ヤマザキビスケットのノアール

ノアールは日本で生産されていて、「俺たちはこの味を待っていた!」という感じの意見がどこかにあったかもしれないほどに期待値の高い商品。2016年の12月に発売されたばかりなので興味もある!早速食べてみると、やられた。クッキー生地はサクッと、そしてふわっとしたライトな食感。
ブラックココアのクッキーはほろ苦さを漂わせてているけど、全体として食べた時にはしっかりと甘さを出している!

 

それでもやっぱりオレオしていない。

ほろ苦さが弱い。自分の味覚が変わっているのもあるだろうけど、記憶の中のオレオはもう少しほろ苦かった。というより、クッキーが軽い。サクフワでかなり好みな感じだけど、オレオしてるかどうかだと、オレオしてない。オレオしてなければオレオじゃない。

ノアールはオレオに近づけたものじゃなく、オレオよりも軽く食べられるように作られた感じがする。
ポジションオレオを狙ったわけじゃないね。これは。
 

エヌエスインターナショナルのクリームオー

クリームオーはベトナムで生産されているお菓子で、少し癖のある味だった。食べ比べするとハッキリと分かるけど、全くオレオしてない。
さすが海外のお菓子という感じで、日本人向けの味付けという感じじゃないので食べ比べると全く別物だと感じてしまう。
クッキーには塩分が他のものよりも強く、甘さが際立つ感じでほろ苦さは全くない感じだった。全体的に甘く独特だけど、食べ比べしていなければ際立つ感じじゃなくなるのかな?

オレオを基準に考えると全くの別物なので少し残念さはあるけど、価格が安いというのが1番の特徴だとだけ言っておく。他のものの半分くらいかな。

 

 

一番オレオしていたのは…

やっぱりナビスコのオレオだった。
なんの変哲も無い結果が出てしまって残念ではなるんだけど、味が変わってしまったように感じるのは事実!
もうあの頃のオレオは食べられない事が判明した瞬間でもあり、ヤマザキナビスコのライセンス契約が切れてしまったことが本当に残念な気持ちでいっぱいになった。

本当のオレオはノアールだと言う言葉に期待大で食べてみたけど、あれはオレオしてないよ!
でもこの先買うならどれが良い?って聞かれたらノアールだったよ!純粋に一番美味しかった。

 

でもやっぱり甘すぎる感じがするんですよね。どれもそうなんだけど。

もう少しビターな感じにしてくれると好みの味になりそう!

 

「オレオしてる」はどう考えてもほろ苦さだからねー。ほろ苦さがなくなったオレオはやっぱりオレオしてない。

もう一度あのほろ苦さが戻ってくる事を期待しています。

コメント