iPhoneのバッテリー交換が安くなる

バッテリー交換 Apple

 

アップルが正式に発表しました。

 

 

アップルの意図的な作動速度を低下させいたことを公表し謝罪しました。

バッテリーの著しい劣化を防ぐために行われていたのだとか。

今回の問題は、この事実を公表していなかったこと。

 

iOSのアップデートで様々な機能が追加されていくので、バッテリーの消費は比例して大きくなっていく可能性があるのは仕方がないことだとは思うのですが、「意図的に作動速度を低下させた」という言葉が飛び交ってるだけで、実際のところどうなのか詳しく知りたかったので調べてみました。

 

 

アップルは何に謝罪したのか

要約すると、バッテリーの劣化が元で電話や写真を撮っているときにシャットダウンすることがないように、一部のパフォーマンスを管理できるようにiOS 10.2.1のアップデートでシャットダウンの発生を減らしたということです。

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて
iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと。

 

ニュースになっていたのを流し読みしていると、新しい端末を購入させるためにやったかのように見えてしまう。(最初そう思った)

実際のところ安定せずにシャットダウンすることもあったので、そのトラブルを改善するための措置だったんだと思うのですが、説明が不足していたようですね。

 

バッテリーを新しいものに交換した場合は制限されることなく、正常のパフォーマンスに戻るようになっているようなので、バッテリーの劣化によるシャットダウンの症状を改善させるためのものなのは嘘ではなさそうですね。

 

 

バッテリーを格安で交換することができるようになった

Appleはこの問題で集団訴訟を起こされています。

「新しいiPhoneを買わせるため」というのが訴えの趣旨のようです。

どのように決着するのかはわからないですが、そんなことよりもバッテリー交換が格安でできるんだってよ!

 

 

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。詳細は近日中にapple.comでお知らせします。

 

 

1年間減額して交換できるので、ギリギリになって交換する人が続出しそうですね。

iPhone 6 以降の端末が対象なので需要はかなりありそう。

バッテリー交換するなら新しい端末を買う方が良いと考えるひとも、今回はバッテリー交換で様子見という人も多く出てきそうですね。

 

 

まとめ

気になったニュースは自分でちゃんと調べる必要があるなと感じる問題でした。
私がアップル好きなのもあるのですが、使っているXperiaで同じようなことがされていてもそんな問題視しないと思います。

単純にアップデートってそういうことなんじゃないの?って気もするので仕方がない問題のように感じますが、詳細を説明していなかったという部分がいただけない感じだったんじゃないでしょうか。

訴訟って話になるとちょっと違和感を感じるのはお国柄ってのがあるのかもしれない。

コメント