MacBook ProのTouch Barはいるのか、いらないのか!

タッチバーの表示 Apple

 

Touch Barの変! そうなることを期待しています。

 

 

 

どうもどうも、最近のAppleは革新的というよりも保守的になってしまった、と1人つぶやいているモストラです。

 

Appleからはもう新しいものは生まれないんじゃないかなんて考えがよぎってしまっていましたが、Touch Barの登場です。(でも期待していたのは、そういうところじゃないんだよな…)

 

 

Touch barのスクリーンショット

 

 

2016年モデルから投入してきたMacBook ProのTouch Barですが、もうすぐ発表されてから1年になります。

出た当初は話題にもなりましたが、めぼしい話題は最近聞かなくなってしまった。

何か目的があってTouch Barを作ったと思うのですが、1年たっても大きな発表はない。

アプリを作っているクリエーターも多くいるのですが、使えるというアプリは数少ない。

 

Touch Barでマリオができる!なんて話もありましたが、わざわざそこでやらなくても…と素のツッコミを入れて終わってしまいました。

 

他には寿司が回る!

なんの意味があるのかわからないから試してもいないけど、そろそろ何か出て来てほしい。

ちょっと面白いかもと思ったアプリがこちら。

 

面白いと思ったけど、使えるかどうかはまた別かな。

やっぱり物理キーとは違うから、これまでの感覚で使えるというのは難しい。

それでもその感覚に近づけていけるのは良い方向に向いてると思う。

 

Docに入れているものが表示されるプラグインなんかもあるようですが、モニターでよくないか?と思ってしまいます。

 

なんとか活用方法を見出していきたいのですが、今はまだ何も。。

 

 

Touch Bar付きとの価格差

Touch Barが付いているものと付いていないものでは3万円ちょっとの差があるので、不評なら付いていなくてもいいかなという考えが働いてしまいますよね。

私の場合はこれも投資だ!ということで勢いでTouch Barが付いている方を選びました。

ファンクションキーをほとんど使っていなかったことと、これからの期待ですね。

あとは、3万円ちょっとというのがTouch Barのお値段ということではないことです。

どういうことなのか少し説明してみます。

 

 

プロセッサがものすごく気になっていた。

Touch Bar 無しのタイプだと2.3GHzプロセッサがデフォルトです。

これをCTOするとすれば2.5GHzデュアルコアのintel core i7しかない。

これがプラス33,000円ですね。core i7は魅力的ではあるものの、GPUとセットでデュアルコアであれば、私の中ではTouch Barの勝ちでした。

 

やっぱり新しい機能はじっくりと味わいたい!

まぁこれが本音ですよ。

新しいものじゃなくていいのなら整備品で安くなっているやつを買ってると思います。

 

全体的に価格帯が高いからねー。

格安のPCなんかが出てきているから余計に際立つ。。

 

それとGPUも少しいいものを使っています。
(有り Intel Iris Plus Graphics 650 / 無し intel Iris Plus Graphics 640)

 

 

あとはポートの数がTouch Barのタイプの方が2つ多いので必要な人にとっては重要な部分ですよね。

これから先は有線接続というのがなくなってきそうですが、まだまだ数年先かな。

 

 

結局買うならどっち?

私の結論としては、Touch Bar無しのタイプの性能がちょっと弱すぎるかなと感じるのでカスタムせずに使うのには少し不安があるということです。

 

MacBookと比較されてしまうのが怖いというのも多少あります。

なので、今の所はTouch Barは必要だとは言いにくいけど、性能を見るとTouch Bar付きじゃ無いものを選ぶ理由はないと言った消極的な決定方法になってしまいました。(カスタムしない場合はね)

まぁこれからのTouch Barがどう使えるようになっていくのかに期待している部分も大きいですよ?

 

Touch Bar無しをカスタマイズするのも良いと思います。

でもやっぱりカスタマイズしないのであればTouch Bar無しを買う意味があるのかが疑問です。

 

購入するときにも思ったのですが、Appleが簡単に引っ込めるようなものを出してくるはずがない!

何かまだ表に出てきていない何かがあるはずだ!と。

 

だから無駄に期待をかけてじっくり待っているのでAppleさん、そしてクリエイターさん、あとは頼みます!

 

 

 

Touch Barのいるいらないの対立はまだまだ続きそうですが、リアルな意見を掲載していたのでリンクを貼っておきます。これから買う人の参考にもなると思うので!

CNET japanへのリンク画像マックブックを選ぶなら、Touch bar あり、無し、どっち?

私個人としては、カスタマイズしないTouch Bar無しのタイプを買う意味はないということだけははっきりしています。

Touch Bar はあった方が迷走してる感じも味わえるから悪くはないと思う。

実際のところあってもなくても困らない。そしてAppleのファンならTouch Barあり以外の選択肢はない。

まとめ

Touch Barがいるのかいらないのか。

15inchを選ぶ人にとっては選択の余地がないので強制的にTouch Barが付いてきます。そこに不満を抱えている人もいるかもしれないですね。

ただ、選択の余地を残さなかったということは今後物理キーをなくしていくということでもあると思います。

2018ではTouch Barがデフォルトとなっているかもしれないですね。

 

私が共感できたTouch Barが入らないという意見は、

 

・ブラインドタッチができなくなるから物理キーの方がいい
・Touch Barじゃなければならない理由がないから無しでいい

 

この2つですね。

保守的な感じもしますが、実際にキーを見ないで操作するのは不可能な気がします。

ファンクションキーについては[ fn ]を押すとこれまでの表示に切り替わるので、押せないことはなさそう。

今のところTouch Barから革新的な何かが生まれているわけじゃないので、それほど目立つ機能というわけではないですが、「新しい何か」が生まれてきそうな感じはしなくもないです。

そういうものが生まれてくるとだんだん受け入れられてくるのでしょうね。

GoogleやMicrosoftがTouch Barに対応させる機能を追加することを発表してから何か出てこないかと、少しワクワクしながら待っています。

 

まぁ将来的にはキーボード全体が液晶パネルになるかPCの代わりにタブレットがメインになってくるかのどちらかかな。

だから悪い変化ではないと思います。

ただ、部分的に変えてみた割に「コレ!」ってものがまだ出てきていないのが問題かな。

コメント