WordPressのパスワード変更方法

ログイン時に出てくるようなベクター画像 WordPress

 

他のサイトにログインしているときに気づきました。
「めちゃくちゃ使いまわしてるパスワードじゃねーか!」

 

どうもどうも、「それほど重要なサイトじゃなければパスワードを使いまわしても問題ないでしょ」が口癖のモストラです。
いくつものパスワードを使い分けるのも結構大変だったりするから使いまわしてしまうんですよね。
 

パスワードの使い回しはダメ

このブログは、これからしっかりと作っていきたいと思っているのにもかかわらず、使いまわし度No.3くらいのパスワードを利用していました。いくつものパスワードを使い分けてはいるのですが、重要度によって自分の中でランク付けしてはいるのです。

 

ですが今回、ある程度重要だとしてたパスワードがいつの間にか重要度が下がったというか、一般化してしまったというか、簡単にパスワードとして設定してしまっているワードに成り下がっていました。

 

 

由々しき事態です。

 

 

まだまだ自分の中で最高レベルのパスワードは重要度が変わらず、利用するものも数少ないのですが、No.2もまだ大丈夫。なのにNo.3は崩壊していました。それ以下はもう多用しすぎていてパスワードというレベルにないかもしれません。言われるがままに簡単に開いちゃいそうです。

 

これではまずいと思い、被害が出る前にWordPressだけは守っておこうとパスワードの変更をやってみました。

 

 

WordPressのパスワードの変更方法

サイトでのパスワードを変更することはたまにあるのですが、いつもはログイン画面で「パスワードを忘れた」のボタンを使ってメール経由でパスワードの変更手続きをしていました。
もちろんその方法でも問題なくパスワードの変更は行えるのですが、ちゃんとしたパスワードの変更方法もあるので、今回は真っ当な方法で手続きを完了したいと思います。

 

 

まずはどこで変更できるのかですね。

 

WordPressの管理画面からユーザーへ

 

ワードプレスの管理画面に入り、左の項目の中から「ユーザー」を探してクリック。

 

ユーザーの項目からあなたのプロフィールへ

 

その中にある「あなたのプロフィール」をクリックします。

 

あなたのプロフィールから新しいパスワード

 

「あなたのプロフィール」の中には色々と設定するものがありますが、それはさておき、パスワードの変更を急ぎましょう。新しいパスワードのところに「パスワードを生成する」ボタンがあります。これを押して変更していきましょう。

 

ランダムに生成されたパスワード

 

クリックすると自動でランダムなパスワードが生成されています。

このパスワードでいい場合はどこかにメモするなりしてから「プロフィールを更新」ボタンを押してください。自分で設定する場合は削除してから打ち込みましょう。

 

最後に「プロフィールを更新」のボタンを押してパスワードの変更作業は終了です。

確認画面は出ずに変更されるので、変更するつもりがない場合は注意してくださいね。

 

 

 

まとめ

パスワードの設定自体は簡単にできてしまうのですが、パスワード自体の扱いはなかなか難しいです。
使い回すのではなく、パスワードはその都度作り出すというのが一番ベストだということはわかってるんですけどね。
管理がめんどくさい!パスワードの管理アプリも全ての端末で使えるものじゃないとログインできない問題が出てくるし、色々と不安。

だからこれからも重要度に応じて使い回しでもいいやつは使いまわしていいんだと思っています。登録する必要性を感じないものも結構あるけど、使いたいものがある場合は登録しないといけないからね。

「サイトの重要度」もパスワードから判断できそうだから、そういうデータが出てきても面白いなーと思います。

コメント