Xperia HelloかAmazonEchoか

ロボットかスマートスピーカーか ガジェット

 

Xperia helloはスマートスピーカーの先にあるモノ

 

 

どうもどうも、Amazon Echoを買う気満々でリクエストを送っているモストラです。

何に期待してるのかと言えば、IoTのハブとなるモノを早く体験したいということ。

それならEcho Plusを買った方がいいと思うでしょ?

残念ながらハブの性能と連携できる家電は、まだ全然ないし今買っても期待値と現実のギャップに潰されそうだからAmazon Echoにしました。

 

でも私が期待しているのはXperia Hello!のようなアシスタントAIなんです。

 

 

Xperia Hello!って何?

Xperiaはソニーモバイルコミュニケーションズのブランドで、この冠をつけたコミュニケーションロボットがXperia Hello!です。

その特徴は自発的に動き、必要となる情報を聞かれて答えるのではなく、必要な時に音声で伝えてくれるコミュニケーションがとれるロボットだということ。

自発的に情報をもたらしてくれるというのがスマートスピーカーと根本的に違うところですね。

 

 

会話を拾って判断しているのか生活リズムから判断しているのかはわかりませんが、自発的に交通機関の遅れを伝えてくれるところにはちょっと感動さえしてしまいそうです。

 

スマートスピーカーとは違うの?

できることはスマートスピーカーの上位互換なのは確実。

が、やっぱり高い。。

お値段なんと税込で約16万円。

11月18日に発売されるのでAmazon Echoと被ってるけどそもそもジャンルが違うと言えば違うので差別化はされているはず!

 

Androidの端末ということもあるので価格がスマートスピーカーとは比較にならないくらい高くなってしまうのは仕方がないのかもしれない。

とは言っても、スマートスピーカーが2万円は切ってくるし、安いものなら4000円くらいで買えるのに対してこの価格差ならもっと夢が見れる機能があって欲しいなと思ってしまう。

 

いきなりこっちに行く勇気はないし今後10万円は切ってくると予想して、それくらいになってから狙っていこうかなと思っています。

もしくは、完全にアプリケーション化してウェラブル端末に搭載されるまで待つか。。。

そこまでくると個人秘書レベルになってそうですね。

夢が広がるー!

 

IoTの環境が全く整っていないと、やっぱり周りのものが全然追いついていないから楽しさ半減って感じになりそうなんです。(学んだ)

最新家電をどんどん揃えていくよーという人だったら選択肢は狭まるだろうけど、面白い体験ができそうですよね。

そういうのが一般化するのはもう少し先かな。

 

 

今はまだスマートスピーカーで十分

結局のところ、今期待している楽しい体験はロボットに何かをしてもらう、したくないことを代わりにやってもらうというところではないんですよね。

だから今はハードウェアに期待しているというよりかはソフトウェアの発展に期待しているんです。

さっきも言ったようにアシスタントAIがアプリケーション化して搭載されるウェアラウル端末というのが出てくるのが、私にとって一番楽しい体験だなと思っています。

 

家に置いておく端末が家のセキュリティに大きく貢献してくれるというのなら話は変わってくるかなとは思いますが、IoTでセキュリティ強化ができるようになるんじゃないかと考えるとやっぱり必要ないかなとも思ってしまいます。

欲しいのはIoTのハブ機能を持って必要な情報を自発的に提供してくれる端末ですね。

これが安価なスマートスピーカーでできることを期待しています。

 

 

まとめ

2025年までにかなり面白い発展することを期待しているのであと7,8年を目処にゆっくり買い替えていくのを目標にしています。

2025年には人間の知能数をロボットが超えて行くと言われていて、2030年には大きく世の中が変わってしまっていそう。

この変化を楽しめるように頑張りたいですねー。

コメント