男のこだわり料理道具 フライパン編

フライパン編 ライフハック

 

男はなんでも見た目から!

 

 

ちょっと料理ができるようになったらこだわりたいのが料理道具。

その中でも1、2を争うのがフライパンですね。

料理をするときに必ず必要になってくるものなので良いものを使いたくなります。

 

良いフライパン

良いフライパンとは何?ということなんですが、何を目的にしているかにもよりますよね。
私にとっては鉄のフライパンが良いフライパンです。

フライパンに限らないことですが、気に入ったものを長く使いたいと考えるので自分で育てるという鉄のフライパンは自分に合っているし、焼きムラができづらいことや、ただ焼いただけのものが美味しく感じられたり、料理自体が楽しくなります。

ハンバーグや餃子、チキンなどのしっかりとじっくり火を通したいものにとっても鉄のフライパンは強い味方になります。

 

一番良いなと思うのが、リセットできること。

テフロン加工のものだとコーティングが剥がれてしまうと、どうしようもないですよね。

使うだけでストレスになってしまって、結局捨ててしまう。

もちろんコーティングの再加工という方法もあるのですが、よっぽど思い入れのあるものでない限り買い替えを洗濯してしまいます。

 

鉄のフライパンはというと、ちょっと工程があって面倒ではあるのですが、意外と簡単に自分んでリセットできるんです!

「100年モノ」や「一生使える」というキャッチフレーズはこういうところからもきているのだと思います。

自分でメンテができるものってすごく愛着が湧くので、一つは持っておきたいフライパンですね。

 

 

鉄分摂取ができるのが鉄のフライパン

小さい頃は貧血が原因で3度倒れたことがあるくらい鉄分摂取量が少なかったので、鉄分に対して人一倍気を使っています。

鉄のフライパンで鉄分摂取することを目的にしていたりするのですが、サプリメントとは違うので、不足している鉄分をしっかりと補充すうるということにはなりません。

毎日少しづつでも継続して摂取できるというところに期待しています。

 

ですが、一つの事例として面白いのがひじきの話。

 

 

ひじきが鉄分の王様という誤解

ひじき

ひじきが鉄分の王様だなんて言われていた頃もあったのですが、鉄釜で煮て渋みを取り、乾燥させる過程で鉄釜からの鉄分を含んだだけだったことがわかりました。

釜の種類がステンレスに変わってから調査されたことがきっかけでわかったことなのですが、今ではひじきの鉄分は以前の1/9以下にまで下がってしまったようです。

それだけ鉄釜からの鉄分を含む量が多かったということですね。

鉄のフライパンで煮込むというのはあまりオススメできないですが、同じように煮込み料理で使うなら鉄鍋を利用しましょう。

 

 

初めてのフライパンに鉄のフライパンを選ぶなら慎重に

今回紹介するのは鉄のフライパンですが、鉄のフライパンは2つめのフライパンという扱いがベストです。

どうしても重さがネックになってしまうので、手軽に扱えるフライパンを先に一つ持っておくことで、より鉄のフライパンの良さが際立ってきます。

初めてのフライパンとしては少しハードルが高いのでまずは鉄やステンレスよりもテフロンやフッ素加工のフライパンを一つ利用することをオススメします。

 

もしくは中華鍋ですね。

中華鍋も鉄ですが、厚みが薄く比較的軽いので万能的に使うことができるのでオススメです。まずは軽く使い勝手を優先したものを持ちましょう。

 

 

鉄のフライパンを選ぶポイント

鉄のフライパン

 

 

  • 重さ
  • 厚み

 

鉄のフライパンはどうしても重たくなってしまいます。

この重さが原因で使わなくなってしまったという人がいるくらいですから重すぎるのは避けたいところですね。

重さは2kgは切っておいて欲しいなと思います。

フライパンの形状も関係していて、円状のところを直接持てるのであればそれほど気にならない重さでもあるんですが、柄の部分を持たないと使えないので重心とは別のところを持つことでより一層重さを感じてしまいます。

重さはちゃんとチェックしておきましょう。

 

 

そしてもう一つのポイントの厚み。厚みがあると重さが出るのは当たり前ですよね。

でもね、厚みが必要なんですよ。

 

鉄は熱伝導率が低いのですが蓄熱性が高いので、料理前にフライパンをしっかり温めて料理中は弱火もしくは中火で使うようにします。

火が強いとどんどん温度が上がって焦げの原因になるので火加減も重要になってきます。

鉄のフライパンの厚みは1.0mm~3.0mmを超えるものまで多くあります。

2.0mmくらいを境目に用途が変わってくるという感じです。

 

鉄のフライパンの厚みは肉の厚みと比例しています。

分厚いお肉を美味しく焼きたいという場合は本当は鉄板の方がいいのですが、フライパンでは2.5mm以上あると思い通りの焼き方がしやすくなります。

メインのお肉を焼きたいというような使い方なら2.0mm以上の厚さは欲しいですね。蓄熱された温度が安定するので焼き具合を自分で調整しやすくなります。

 

では2.0mm未満の鉄のフライパンはどうなのか。

中華鍋のようなものがわかりやすいとですね。

比較的万能に肉や野菜を炒めることができます。

熱伝導が悪い鉄でも薄いことで熱が伝わりやすくなり、火加減で調理方法が変えられるのがいいところです。

 

ただ、熱の伝わり方が早いので手際よく料理をする必要があり、時間をかけてしまうとすぐ焦げてしまうこともあります。

テフロン加工のものだと、家庭用のコンロでも中火を超えるとコーティングが剥がれてしまいます。

そのようなことを考えずに使えるので薄い鉄のフライパンも使いやすいと感じます。

私としては中華鍋は必須です。絶対に外せない。

 

 

鉄のフライパン オススメ トップ5

それでは数ある鉄のフライパンからオススメの5つを紹介していきます。

デバイヤーのフライパン ミネラルビーエレメント

 

フランスで1830年から作られるデバイヤーの鉄のフライパン。プロがこぞって利用することも人気の一つです。

鉄の厚みが2.5mmから3.0mmの厚さがあるので、本格的な肉料理からざっくりとした男の料理と言われるような料理に適しています。

オススメのフライパンのサイズは26cmのものですが、3.0mmの厚さでも重さは1.7kgと許容範囲かなと思います。(IH対応)
購入直後は錆止めのための蜜蝋が塗られているので、料理に使い前にそれを加熱して焼き切る必要があり、表面の綺麗なシルバーもだんだん黒くなっていきます。

 

ドイツの伝統を受け継ぐ鉄のフライパン turk

100年使える鉄のフライパンというキャッチコピーのフライパン。一枚の鉄板を丹念に叩いて形を整えていて、柄の部分も叩いて伸ばしたモノなので衛生的です。

特徴としては素材がむき出しのようで全てが一点モノという感じがして見た目よりも重いという感じ。

鉄のフライパンは「育てる」ということをよく耳にしますが、それを一番楽しめると感じるのがこのturkです。

turkは1.7kgで2.5mmの厚みです。(IH対応)

柄の部分が細く、作られていて持つと実際の重さよりも重く感じてしまうのですが、それでも全然良いと思えてしまうほどの魅力があります。

 

インダストリアルが好きなモストラに最適です!

 

 

岩鋳の南部鉄器のフライパン オムレット

明治35年から作り続けている岩鋳。

カラフルな急須が人気になっていますが、フライパンもなかなかです。

南部鉄器は日本の伝統工芸として400年の歴史があるので聞いたことがあると思います。

商品名にもなっているのですがオムレツ専用というわけではなく、高い蓄熱性を誇る南部鉄器は日本の岩手で作られているので安心して使えます。

国産にこだわりたい方には南部鉄器オススメです。

海外展開を進めていて今では海外での人気が高くなっています。

1.5kgで4.0mmの肉厚フライパン。(IH対応)

岩鋳の製品のほとんどが肉厚のモノなのでこだわりを感じます。

 

リバーライト 極

リバーライトの極は950gと1kg切ってしまっているので、普通のフライパンのように気軽に使えるところに特徴があり、重さや手入れがネックになっていた人たちに人気の商品になっています。

軽いということでわかると思いますが、厚みは1.6mmです。(IH対応)

厚さが重さに繋がるのはわかりやすいですね。

リバーライトは初めて使用する前に必要になる焼き込みが不要です。

つまりそのまま使えるということですね。

焼き込みがうまくいかないという相談を受けたことがあるのですが、そういった方は少なからずいるようで不安を抱える人もいます。

鉄のフライパンを使ってみたいけど、テフロン加工のフライパンのように使いやすいものがほしいという人にとって素晴らしい製品です。

気軽に使えるものは欲しくなりますよね。

 

山田工業所の打ち出しフライパン

中華鍋で有名な山田工業所のフライパンです。

打ち出しの中華鍋は場所によって厚さを微妙に変えて全体の温度を均一にするように設計されているようで、フライパンでも同様の加工がされています。

厚みは2.3mmで1375gと私が挙げた中では軽めのフライパンですね。(IH対応)

中華鍋の安定感からフライパンへの期待も大きくなります。

 

鉄のフライパンで使いたい小物たち

亀の子束子(かめのこたわし)のカルカヤタワシ

鉄のフライパンでも使い方によっては剥がれてくれない時もあります。そのような時や通常の水やお湯洗いの時に利用できるものです。
できれば他のものを洗うときのものとは別々の方がいいのでこのカルカヤタワシはオススメです。

 

なくてもいいけど、あるとスゴく良いグリルプレス

 

少なくとも1kgの重さは欲しいと言われるグリルプレス。2kgあるからしっかりとプレスでき、思い通りの焼き色がつけられて重宝します!

鉄のフライパンも重いしグリルプレスも重いしでなんだか筋トレの道具を紹介している気になってしまいそう。。

鉄のフライパンのメンテナンス

  • 焼き込み
  • 油慣らし
  • 油返し

 

鉄のフライパンを手に入れて最初に行うことは焼き込みです。
(商品によっては必要ものもあるようなので説明書やHPで確認しましょう)

 

錆止めのコーティングを焼き切ることとフライパンの表面に酸化皮膜を作ることを目的に行います。

ちなみにシーズニングともいうそうです。

 

錆止めのコーティングは加熱して焼き切ることで剥がします。

焼き込みは加熱している部分が変色してしまうくらい加熱することになるので、しっかりと換気ができるように事前に準備しておいてください。

加熱時間は結構かかることを想定しておいて、これでもかというくらい柄の部分以外をしっかりと焼き込みます。

フライパン全体の焼き込みが終わったら冷ましましょう。

水で冷やす方法をとる方もいますが、鉄の性質上急激な温度変化には弱いのでもろくなることにつながります。長く使いたい場合は頭に入れておきましょう。

 

 

次に油慣らし。

 

油慣らしは焼き込みでフライパンの表面に酸化皮膜ができているので、それを利用して油をフライパンに馴染ませます。

よく言われるのがフライパンに1/3くらいの油を入れて油慣らしをするということが言われますが、よくわからないですよね。

調べても根拠がわからないのですが、1cmくらいの油はあったほうがいいように思います。(もしくはたっぷりの油)

ムラができないように全体に塗り、5分程加熱していきます。

その後フライパンに入れた油を取り出して表面を布やキッチンペーパーで拭き取り、その拭き取ったものでフライパンの外側をムラなくしっかりと拭きます。

以上で一番最初のメンテは終わりです。

 

 

料理前の油返し

 

この油返しも油の量の根拠がわからないのですが、油返しをした方が焦げ付きなどは減らせます。

表面にへばりつく者の代表が肉や卵などのタンパク質です。

このタンパク質も油返しでコーティングしてあげることで引っ付きにくくなるのでちゃんと続けていきましょう。

 

 

まとめ

酸化皮膜が剥がれないように油をいっぱい使ってメンテをすることが色々なところで書かれていますが、家庭の料理でずっと維持するのは難しいんじゃないかと思います。

プロの料理人の方達は使い食材や調理法によって道具を使い分けているのですが、家庭でそれほど多くの道具を使い分ける事は難しいです。

いろんな料理に使うことになるので、使い続けて入れば剥がれてしまう事はよくあります。

そうなった場合はまた酸化皮膜を作って油慣らしをしていけばいいので、こだわりすぎないようにしてほしいと個人的には思います。

コメント