MacBook Pro2017を入れるならInateckのケース!

Amazonの箱開封 Apple

MacBook Proと同じ時間帯に届いたケースとType-Cの変換コネクタ。

 

 

inateckのMacBook Proケース

MacBook Proで利用しているのは Inateck のスリーブケースです。
まずは全体像をどうぞ!

MacBookProのケース正面

ケースを開いた状態の画像

MBPのケース背面

 

すごくシンプルで無駄な装飾がないデザインですね。
デニムっぽい生地を使っていることが特徴ですが、ファスナーに使われている実父も少し大きめのものを使っていて面白いデザインです。

使用してみてよかった点は、生地が柔らかく、ケースを下敷きにしてPCを使うことができます。表の方はジップで本体に傷がついてしまうことも避けられるので、場所によっては下に敷いて使っていましたが、最初だけでしたね(笑)

 

 

ケースの内側の製法も綺麗にされていた

MacBookProのケースの内側の生地

 

表面の生地はデニム調で、その生地自体はしっかりしているけど、薄い。中に厚紙のようなクッション材が入っているけど、かるーく当たった程度なら保護できるかもしれない。でも、ぶつけてしまったら傷がいってしまいそうです。まぁほとんどの商品で傷がいってしまいそうなきはするんですけどね。

PCが入る部分の生地は柔らかくふわふわな感じです。それでも厚みがあるというわけでは無く、擦り傷がつかないようにするという意味合いの方が強いです。

 

サイドのポケットの内側の生地

 

サイドポケットはPCの内側とは違い、ポリエステル?の生地が使われています。

ポケットは2箇所ついていて、どちらもサイズが大きめなので、色々と入ってしまいますが、パンパンになると見苦しいので、わたしはA5サイズのノートとシャープペンシル、ボールペンくらいにしています。一箇所に入れても全然余裕がある感じですが、持ち物はできる限り減らしたいのです。

 

 

実際にMacBook Proを入れてみた

 

MacBookProの納まり具合

 

ぴったりという表現をされているレビューが多いと思いますが、結構余裕がある感じになりました。
同じ場所に何かを入れるということはないと思うので、ある程度ジャストサイズを期待していたのですが、まぁ取り出すのに苦労するほどジャストだとダメだよなと考え直して、いいサイズ感だと表現しておきます。

持ち歩くときにPCが中でずれてしまうということはなく、サイズが合っていないような違和感を感じることはなかったので、ぴったりという表現もありかなと思います。

 

inateckの付属品

付属されていたクロスとType-Cのカバー

 

付属品として入っていた、クロスやType-Cのカバーは嬉しいサービスです。
モニターを気軽にふけるクロスは絶対にあったほうがいいですね。できる限り傷が使いないものを利用するのがベスト!メガネ用のクロスとかがいいですね。無ければ無いでわざわざ買う必要もないと考えてしまう方なので付いているのは嬉しい。
製法はしっかりしていました。雑になりそうなポケットの底の部分や角の部分も雑になっているところはなかった。ジップもしっかりしたものを使っているので、使用に不安を感じることはなさそう。

 

付属品には小物ケースもついています。

 

付属していた小物ケースの外装

 

荷物を減らしたいので持ち歩くということは避けたいのですが、電源コードやマウスなどを入れられるケースです。中に何も入れていないと自立できないので、それだけで薄くて丈夫なものではなさそうということは伝わると思います。過度な期待はやめましょう。ちなみに内側はパイル生地になっています。

 

付属の小物ケースの内側

 

 

inateckのこのケースを買った理由

決め手になったのはカジュアルであり、カジュアルすぎない感じのところ。
あと撥水加工は絶対!

 

過去に2度水のせいで液晶がダメになり、1度はお茶を飲ませてキーが聞かなくなったり、味噌汁を飲ませてしまったりとありとあらゆる水難に会ってきましたので…。
(全て不注意なのでバカとしか言いようがないです。アップル製品の修理は高いッス…)

 

せっかくMacBook Proがスタイリッシュなのにケースで台無しにしたくないというのもあり、スッキリしているけど収納もちゃんと用意されているものを選びました。

 

 

2つの気になった点

1つ目はマグネット!

磁気がPCに与える問題という話ではなく、物理的にマグネットが入っている部分がPCを閉まった時に当たってしまうということ。内側の生地が分厚くカバーされているならそれほど気にならないけど、少しきになる厚みです。

 

磁石なので閉じるときは勢いよく引き合うので、長く使うに連れてその部分に傷が言ってしまいそうで気になっている。

二つ目は前面のジップと中のPCとの間にも厚みのある何かが欲しかった

どちらも外側から圧力がかかるような状態でない限り気にする必要はないのかもしれないけれど、私みたいに気になる人は気になると思います。ほとんどの人は気づかずに使うことが予想できるので、気にする必要はないかもしれません。

結構細かいところを指摘してみましたが、全体的に高評価できるものだと思います。
2ヶ月利用してからの追記ですが、傷はつくことなく使えているのでオススメです!

 

Type-Cの変換コネクタ

購入したのはRankieのType-C変換コネクタです。
何と言ってもType-Cに対応しているものなんてスマホしかないので、今まで使っていたものは変換コネクタ無しでは利用できません。
そしてこれから買うものについても注意して買わないと対応していないなんてことになってしまう。

Type-Cのコネクタ裏表

 

使ってみた結果

こちらは可もなく不可もなくといったところ。
利用するにあたって機能面での不安は今の所ありません。
メモリのアクセス速度などはフラッシュメモリ自体に依存するので気にしない方が良さそうですね。

Type-Cのコネクタ前後

認識されないということは無く使えています。

 

使っていて気になったところは、差し込む時に少し力がいるというところ。外す時にも多少の力がいるのでまっすぐに引っ張らないとType-C接続部分に問題が起こりそうで少し怖いということです。
取り外しはType-Cの部分から外すようにした方が良さそうですね。

差し込みの時に少し窮屈な感じがしたのは最初だけで、そのあとは無駄な力はそれほど必要なく使えています。
Type-Cのコードはまだ一般的とは言えないのか、専用のものはまだまだ多くないのでコネクタは必要になってきます。
ワンセットは買っておくことを強くオススメします!今まで使っていたものも利用できなくなるというのは辛すぎる…

 

Type-Cのコネクタを使用している画像

 

使ってみてよかったなと感じたところは、適度な重さです。見た目も安っぽさを感じさせないデザインになっていておもちゃのような軽さではなく、適度に重いのが私にはプラスに働きました。重量を感じるような重さではなく、存在感がある重さというかそんな感じ!

 

なぜこの商品にしたのかというと、他の人のレビューとかではなく、ロゴとか文字とかついてるのが嫌だったので何も書かれていないという部分だけで決めたといっても過言じゃない。

実際のところ、こういう商品は個体差による良品不良品はあっても全体で見ればほとんど変わらないものだという意識が私の中で育っています!これがコモディティ化でしょうか。

 

であればやっぱり決め手はデザインなのかな。ブランドとかよく分からないし。
ハブのコネクタは必要ないなと思うならこれがシンプルでいいと思います。

まとめ

レビューってその商品の魅力を伝えるものなんだと思ってはいるんだけど、でも参考にするのって辛口だったり評価が低いものだったりするんですよね。多分購入する上で知りたい情報が載っている確率が高いんだと思います。失敗したくないってのはみんなが思うことだと思うので、そこをどうやって伝えていけるかを考えながらやってみたいと思います。

 

ただ、満足していないものはレビューしないのでそこは割り切って見てもらえると嬉しいです。

コメント