洗濯物が臭かったからヤレることを全てやって解決した話!

洗濯物の異臭 ライフハック

洗濯機を分解して洗濯樽を取り出し、丸洗いしたのに洗濯物が臭う。

 

 

戦いに勝ち、勝負に負けたモストラです。
極一部のタオルとTシャツの匂いがおかしい。。

そう気付いてから色々と調べる中で洗濯槽に汚れが付着してしまっているのが原因じゃないかと思って洗濯槽クリーナーを買って匂いが気になった時に定期的に使うようにしていました。

 

 

洗濯機の掃除と管理

 

実際にクリーナーを使うと汚れが浮いてくるので「こんなに汚れていたら臭うよね」と納得して、臭いタオルを増やさないために清潔に保つように努力していました。

洗濯機に湿気がたまったりしないように蓋は開けて換気に気をつけて、定期的に糸くずフィルターを取り外して掃除したりして。

実際結構汚れがたまるので洗濯物の量にもよるけど、毎日洗濯する家庭だと3日に1回くらいのペースで簡単にでも掃除をした方が良さそう。

あとは洗濯が終わったらすぐに干す!

 

これ大切。

 

時期にもよるけど、夏場なんかに洗濯物を放置してしまったらもう一回洗濯するくらいじゃないとひどいことになる。

そうならないようにちゃんと洗濯物と真摯に向き合ったのに。

 

それでもたまに臭うタオルが出てくるわ、洗濯槽からの汚れは一向に減らないわで良い加減ムカついて分解してやろうという気になってしまった。

壊れたら買い換えるくらいの気持ちでしたね。

 

デッド・オア・アライブ!

 

 

洗濯機の分解

意外と簡単だという話はよく聞くと思います。

でもそれは「1度やってしまったら2度目は」という意味です!というのも、分解するのに3、4時間かかりました。

まぁあまりわかっていない状態で始めたからってのもあるかもしれないですが、外しやすい取り方というのが分かっていないと無駄に時間がかかってしまう。

 

  1. 洗濯槽の中の底にあるプロペラ式の物(パルセーター)を外す
  2. 前か後ろのカバーを外す
  3. 洗濯機のボタンやふたがついている上部を取るためのネジを外して取り外す
  4. 上部と配線は繋がっていて外せないので配線を痛めないように固定する
  5. 洗濯槽を取り外して丸洗い
  6. 掃除し終えたらネジが余らないように戻していく

 

簡単にポイントだけ説明するとこんな感じ。

ほとんどの洗濯機で同じように分解するので、気をつけるところだけ気をつければ壊すこともないです。

 

 

自分で分解はほとんどの製品で出来る

洗濯槽を取り外す時に特殊な工具がー!!ってのは嘘とまでは言わないですが、通常の家庭用工具があればほとんどのものは分解できます。

 

ただ、縦型のものはね。ドラム型は少し事情が変わるかもしれない。

 

一番時間がかかったのは洗濯樽が外れないところ。よく特殊な工具がいると言われるところですね。ギアプーラーというやつです。

これがあると簡単に取り外せるようですが、無くても取り外せます。

 

問題は溜まりたまった皮脂などの汚れが固まって外しにくくなっていること。

相当硬かったので「これ外せないタイプなんじゃ…」と考えてしまったのが時間がかかった最大の理由です(笑)

方法としてはお湯を沸かして水で少しカサ増ししながら入れて、少したまったところで洗濯槽を両手で握りしめ、振り回すように左右に回転させながら引っ張ると抜けました!

時間がかかったのもあって結構感動したのですが…

 

 

洗濯槽の汚れを見た瞬間絶句。

 

 

月一くらいで洗濯槽クリーナーを利用していたにもかかわらず、しっかりとカビ対策をしていたにもかかわらずひどい汚れ。

本当にこんなもので洗濯していたのかとびっくりするくらいの黒いものの付着具合。

確かに洗濯槽クリーナーで洗った時に出てくる黒や茶色のもの。あんなのは取れたうちに入らないということがはっきりと分かった。

洗濯槽クリーナーはあれだ、自己満足のためのものなんだ、そう理解した瞬間でした。

 

 

洗濯槽の掃除

取り外したは良いけど、どうしよう。。というくらいの汚れに覆われていて、ひとまずシャワー最大出力で汚れを吹き飛ばすことに!

塊の汚れはしっかりと飛んでくれたけど、やっぱりそれだけじゃ無理です。まぁそれで取れるくらいなら洗濯機の空回しで取れるよね。

綺麗になるまで古い歯ブラシやらいらないタオルやらで磨いてシャワーで吹き飛ばして、磨いてシャワーで吹き飛ばしてを繰り返してなんとか綺麗にした。

洗濯槽の外からプラスのネジで止められているパーツも外して掃除できたから本当にスッキリ!

糸くずフィルターを取り外して掃除していたけど、それを取り付けているパーツのところにものすごい汚れの塊が詰まっていた。

 

あの記憶は消し去りたい。。

 

とまぁそんなこんなで洗濯機を分解して念願の掃除ができました!

 

 

汚れは落ちたが匂いが残った

これで汚れは綺麗さっぱり取れたから洗濯物の匂いなんて気にならないだろう。

そう思っていたのですが、甘かった。

マシにはなった!

そう、マシにはなったけどマシになっただけ。

根本的な解決にはならない!くそっ…

 

洗濯槽の匂いじゃないく、タオル自体の匂い。

タオルに付着している菌が問題のようです。

 

 

洗濯物が臭う理由

洗濯物が臭うのは付着している菌が水とくっつくことで異臭を放つ。

濡れていない時のタオルが臭わない原因がそれ。

服やタオルに水や汗が付着すると匂いが発生してしまうことがありますよね。

日本人は大衆というのがほとんどないので匂いが出る原因のほとんどがこの菌が関わってきています。

菌は洗濯しても残ってしまって、繁殖してしまいます。

同じように洗濯したものでも臭くなるのは同じタオルだったりするのは、そのタオルに菌が繁殖してしまっているから。

この菌を防ぐために熱湯に浸けて試して見たのですが、多少効果はあるものの完全には取りきれなかったので、普段からできるように洗剤を変えることにしました。

 

 

洗剤を抗菌のものに変える

洗剤はどれも一緒というわけでは無く、それぞれに特性があるので、ちゃんと選ぶ方が良いですよ!

洗剤の種類として大まかに分けると弱アルカリ性洗剤と中性洗剤の二つ。

 

【弱アルカリ性】
強い洗浄力があって頑固な汚れも落ちやすい反面、衣類への負担も大きくなる。

【中性】
洗浄力は弱アルカリ性よりも弱いけど、直接的な汚れよりは黄ばみやくすみ、抗菌に力を発揮する。

 

この二つを使い分けられれば良さそうですが、ひどい汚れだったら浸け置き洗いにすれば洗濯機で回す時は中性洗剤で良さそうです。

 

最近のお気に入りはHYGIAという商品。

中性のもので抗菌に特化したものらしく、これを使ってから匂いが気にならなくなったのもあるけど、良い匂い!
ハーブの匂いですごく爽やかです。ハーブの匂いが嫌いじゃなければ嫌いな人はいないんじゃないかというくらい。

これは本当にオススメ!

この洗剤を使うことで今まで変な匂いがしていたタオルたちも爽やかな匂いを発するようになってきて満足です。

ただ、定期的に洗濯槽クリーナーを使うことは続けています。

自己満足と言ってしまっていたけど、頻繁に分解して掃除なんてできないので、半年に1度くらいもしくは1年に1回で済ますために毎月クリーナーで掃除しています。

洗濯槽クリーナーで良いなと思ったのはアリエールの洗濯槽クリーナー。
比較的綺麗になる印象があるので使い続けてる。洗濯槽自体の匂いも抑えてくれるので気になったらすぐ使えるようにしています。

夏場に分解掃除できたから、次は…来年の夏が良いな。

コメント