Touch Barの面白いアプリが出てきた!

Haptic Touch Barのアイコン Apple

 

Touch Bar で面白いアプリが出てきたので使ってみました!

 

どうもどうも、いまいち評判のよろしくないTouch Barですが特に不便さを感じていないモストラです。

今回はTouch Barのアプリで少しきになるものが出てきたので紹介します。

 

 

Haptic Touch Barについて

iPhoneで当たり前になってきた感圧タッチはMacBook Pro 2015からはトラックパッドに感圧タッチが採用されていますが、Touch BarにはTaptic engineと呼ばれる機能が搭載されていません。

 

そこでTouch Barを押した時にトラックパッドの感圧タッチが反応するようにしたのが今回紹介するHaptic Touch Barです!

 

物理キーじゃなくなったことで、失ったのが押した感覚。

 

スマホでは物理キーをなくした代わりに感圧タッチのような押したという感覚を与えるアクションが取り入れられているので、押したかどうかの確認をする必要はなく利用することができるようになっています。

それをTouch Barでも利用できるように設計したアプリなので、トラックパッドが感圧タッチだという認識がない人にとっては「なにこれ!?」という感覚になるかもしれませんよ!

 

反応するところが押したTouch Barじゃないのが少し残念ですが、センサーが入っていないのでそこは仕方がないですね。

 

 

Haptic Touch Barのダウンロード方法

BopsoftのZaozhuang Shizhong氏がアプリとして公開してくれています。

Haptic Touch Bar

Haptic Touch Bar - Haptic and sound feedback for Touch Bar

 

オフィシャルサイトからFree Downloadできるので、そこからダウンロードしましょう。

Haptic Touch Barのトップ画像

 

14日のトライアル期間が設けられているので試しに使ってみることができるので、試してみると面白いんじゃないかと思います。
それ以降も継続して使いたいという方は$4.99の価格、だいたい560円くらいかな?それで使えるようになります。

これ自体がかなり便利…というわけじゃないんですが、Touch BarでTaptic engineを使えるようになったら良くなるんじゃないかと考える人は多いと思うので、それを現段階で似たようなことができるようになったことが面白い。

 

操作方法

全て英語ですが、難しいことはなく感覚でも使えそうなくらいです。

 

Haptic Touch Barの設定

 

  • Enable Haptic Touch Bar / Hatic Touch Barのアプリを有効にする
  • Start at Login / 起動時から利用する
  • Repeat When Holding a Key / キーを押したままにすると反応を繰り返す
  • Intensity / 感圧タッチの強度を選ぶ

 

設定をする部分はここだけなので、チェックを入れるか強度を選ぶかだけになります。

 

強度は1~4で数字が大きいほど反応が強くなります。

感覚としては弾くような反応が帰ってくるのでなかなか面白いです。

 

Touch Bar Chromeの時の表示

 

Chromeを利用している時のTouch Barですが、Haptic Touch Barで反応するのはESCキーだけでした。

他のアイコンは普段通りで全く関係ない感じでした。

 

Touch Bar ファンクションキー

 

ファンクションキーを表示させると全てで反応するようになっています。

このファンクションキーはアプリによってデフォルト表示するように環境設定のキーボードから設定できるのでそれはそれで結構便利に使えます。

ファンクションキーを頻繁に使うというのは限られてくるので、そのアプリにたいおいさせるという感じの使い方ができるので、今回紹介したHaptic Touch Barと組み合わせるとより使いやするなりそうな感じはします。

 

普段トラックパッドを押している時も同じような反応が起こっているんだろうなと思うのですが、抑えていない分結構強めの反応が帰ってくるので私は3に設定しています。

抑えているところととはべちの部分から反応が帰ってくるので変な感じ走るのですが、将来的にTouch Barに搭載されるんだろうなと予感されます。

 

そもそもなんで搭載されていないのかという疑問もあるんですが…。

 

なにはともあれ、久々?に面白い感じのものが出てきたのでTouch Bar が付いているMacBook Proをお持ちの方は試して楽しんでみてください!

コメント