家族にバレずに郵便物を受け取る方法

MacBook Proの箱 雑記

MacBook Proが今日届くってよ!

どうも、どうもモストラです。

 

最近ふと思ったんですが、注文して次の日に届くって凄くないですか?

なんなら今日届くよってサービス。凄くね?

本当に頭が下がります。

 

自宅で受け取りでも誰にもバレない方法

以前なら、「2、3日後にお届けします」というのが当たり前だったと思うのだけど、凄い進歩だよね。いや、企業努力の賜物ですね!素晴らしいサービスありがとうございます!

今回は、そんな素晴らしいサービスをしてくれている運送業社さんに対して、ちょっと変わった注文やってみたので紹介してみます。

 

 

局留めやコンビニ受け取りに変更できない場合

これまで注文して荷物が届くというのは、某Amaz○nさんを利用していると一切何も考えずに受け取りをしていたけど、たまに有りませんか?プレゼントもネットで買いたい!という人としてあるまじき欲望。

場合によっては局留めにしたりコンビニ受け取りできないものもあったりします。

送り元が局留めやコンビニ受け取りへの変更を認めていない場合も、家電とか機械類を扱っているお店にはよくあるので。

予定が変わってプレゼントを渡す相手が家にいるという場合だってある。

そんな状態でもなんとかバレずに荷物を受け取る方法をやってみたので紹介します。

 

いや、わかってますよ。

ちゃんと店舗で相手のことを考えながら、選んで購入する事自体もプレゼントの一部なのだということは。

 

でもね、近くに売ってなかったり、販売数が少ないものだったりあるじゃないですか。

今だとNintendo Switchとかね。そういったものをネットで購入するのは悪いことじゃないと思うのですよ。思うのですよ。

ただ、プレゼント相手が家族だったり、同居人であったりすると、ネットで注文すると受け取るのに家族や同居人にバレてしまう。

という妄想の果てに、今回試してみたのは「インターフォンをならさずに荷物の受け取りができるか」です。

 

郵便受け取りの段階でプレゼントだとバレると凄く情けないので、荷物が届いたこと自体を分からないようにしないといけない。

少なくとも手渡しは、運送業者さんではなく自分からが良いはず!

 

頼んでみた内容

  • 配達する直前に連絡をもらえるか
  • 理由はプレゼントということにした
  • インターホンを押さないでもらえるか
  • 電話で呼び出してもらえるか

 

なかなか新しい受け取り方じゃない?

基本的には局留めやコンビニ受け取りで済ませられると思うけど、コンビニで受け取るのも恥ずかしい場合や営業所が遠くて行けないと言った場合には最終手段として使えるんじゃないかな。

 

 

実際にお願いしてみた

さっそく、担当の営業所に連絡してみました。

ここからは実際に行動した通りにお送りします!

 

 

モストラ「荷物が配達される直前に連絡をもらえたりしますか?」

 

受付さん「はい、可能です」

「配達のものが出発した時点でしょうか、それともお宅へ届ける直前でしょうか。」

 

モストラ「届ける直前でお願いします。あと、プレゼント用なので、できればインターフォンをならさずに電話だけでお願いしたいのですが…」

「可能ですか!?」

 

受付さん「あぁー、そうなんですね。そういうことも可能です」

「そういうことであれば、配達のものに、そうするよう伝えておきます」

 

 

やったぜ!

 

 

ということで、運送業者さんとの事前の打ち合わせは難なく終わり、意外と融通が利くことが分かった。

これだと、玄関から出たところを見られたりしない限り、ごまかすことができるんじゃないかと思います。

別に悪いことしてる訳じゃなくて、ある意味サプライズのような何かだからね!

 

本当に忙しくてプレゼントを買いにいく余裕がないという場合でも、この方法ならバレにくくはなるのではないでしょうか。

仮にバレてもちょっとした努力が伝わると思うので、そんなに悪い印象は与えない…と信じたい。

 

 

そして荷物の指定時間帯が近づく。

 

やってきた訪問者

 

「ぴ~んぽ~ん」

 

モストラ「はい」

 

訪問者 「モストラさん、お荷物でーす。印鑑おねがいしまーす」

 

モストラ「ハッ!?」

「え、なんで?」

 

配達人 「…え?」

 

 

 

はい、届きました。MacBook Pro!

 

 

 

のケース!とType-C の変換コネクタ。

うん、必要だから別で頼んでたんだ。

 

まさか同じタイミングで届くとは思ってなかった。

 

 

本当に申し訳ないくらいの態度の悪さで出ていってしまった。

こっちとしては「何やってんだよ」という気持ちでいっぱいだったんです。

向こうからしたら「どんな嫌なことがあったらそんな顔になるんだよ」って感じでしょうね。

 

明らかに某Amaz○nさんからの荷物だったので、適当にごまかして受け取り完了!

どうせならこっちでもお願いしとけば良かったと思ったのですが、MacBook Proのことしか頭になかったです。

 

 

そして、とうとうやってきました!

 

こっちが大本命

 

 

スマホ「ブーン… ブーン…」

 

モストラ「おー来た来た♪」

 

配達人 「すぐに着きますので、前に出ておいてください」

 

モストラ「わかりました!ありがとうございます」

 

ということで、無事インターホンを押されずにコソコソと受け取ることができました。

 

 

プレゼント用ということも伝えてくれていたみたいで、配達の人が小声で対応してくれたのには少しホッコリ。

急いでいたのか、気を使ってくれたのか、静かにサーっと帰って行きました。

 

 

 

荷物の受け取りを家族にバレたくない。でも受け取り場所の変更ができないという状況の時に役立つかもしれません。(かなり特殊な状況だけど…)

いや、あるでしょ。うん、あるよね!絶対必要になる!

 

 

お試しあれ~

コメント